みなみの備忘録

とある大学(?)図書館員の備忘録です。

3/23 音声レコーディングメモ

3月下旬、音声レコーディングに立ち会う機会がありました。

原稿を作成してプロの方に読んでもらうのだが、これがなかなか難しい。

次回(があるのか分からないが)のために備忘メモ。

・読み原稿はできるだけ短文にすること。一文が長いと(聞く側の都合だけではなく、読む側にとっても)分かりにくい。

・スライド付きの場合でも、喋りで補うのは最小限に。基本はスライドの記述をほぼそのまま読み上げてもらうくらいに作りこんでおく。聞き手のスタンスとして、今どこについて喋っているのか混乱する。

・表は細かく説明しない。後で見るときのポイントだけでよい。

・図は見方の流れを説明するように。ポンチ絵は出来るだけ避けよう。

・強調すべきポイント、特徴的な発音については、事前に読み原稿へ書いておくこと。自然な文章になるように練ってきてもらえる。