みなみの備忘録

とある大学(?)図書館員の備忘録です。

FAIRデータ原則に関する覚書き part 2: Findable 4/4

3つ目が短かったので、昨日の分も含めて4つ目を。こっちも大した量ではない。

~~~~~

F4: (Meta)data are registered or indexed in a searchable resource

F4: (Meta)data are registered or indexed in a searchable resource - GO FAIR

これは何を意味するのでしょうか?

識別子と豊かなメタデータの記述だけでは、インターネット上での「発見可能性」は保証されません。完全に良好なデータリソースであっても、単純にリソースが存在することを誰も知らないため、使われないかもしれません。データセット、サービス、リポジトリなどの電子リソースが使えるかどうか分からない場合は、誰も(およびマシンも)それを発見できません。

インデックス作成を含め、電子リソースを発見可能にする方法はいくつも存在します。例えば、Googleはウェブページを「読む」スパイダーを送り出し、それらを自動的にインデクシングするので、Googleの検索ボックスで検索できるようになります。これはほとんどの一般的な検索ユーザーには最適ですが、学術研究データの場合は、より明確なインデクシングが必要になります。 原則F1-F3は、現在のリポジトリおよび将来のサービスによる適切な粒度のインデクシングのための中核要素を提供します。

例:

FAIRデータポイントに公開されているFAIRデータセットメタデータは、DTL検索エンジンによるインデックス作成に使用できます。

FAIRデータセットレジストリは、専門的・局所的な分野に関心を持つリポジトリまたはグループによって、時間が経てば出現するかもしれません。

 

リソースへのリンク:

FAIR Data point specification

https://docs.google.com/document/d/1WZE9oTUn_aPSRZhOur1GjWZ5vYxLsKJQqzmpWMxNpcs/edit#

→ 最新版はこっち https://github.com/DTL-FAIRData/FAIRDataPoint/wiki